終身雇用制度の崩壊と年金不安によって、今日本人はかつてないほど老後に怯える生活が続いています。会社も社会保障も役に立たない今、どのような資産運用をすべきかという議論が繰り広げられているのです。では、資産運用に詳しくない初心者でも安心して行うことが出来る投資にはどのようなものがあるのでしょうか。

基本情報について

債券とは企業や団体が銀行などから資金を借り入れたときに発行する借用証書の一種ですが、その中でも国が発行する債権のことを「国債」と言います。これを購入するということは国に一定期間お金を投資するということになります。投資なので定期的に利子が支払われ、満期になれば元本の返済を受けることが可能という特徴を持っているのです。

政府が個人でも購入できるようにしたのが個人向け国債です。こちらは近くの銀行、証券会社などの金融機関で購入することが可能です。投資の見返りに得られる利子の支払いは半年ごとになっており、満期を迎えると最初に投資した元本が目減りすることなく戻ってくるので安心です。資産運用の必要性が問いただされる時代において、今このような金融商品が注目されています。

魅力について

個人向け国債の魅力としては、元本割れの心配が無いことが挙げられます。通常、金融商品は元本割れのリスクを抱えながら保持することになりますが、こちらはそのようなリスクが無いため安心です。元本割れの心配が無い根拠は国が発行していることが挙げられます。万が一元本割れをするようなことが起きれば日本はもちろんのこと諸外国にも何かしらの影響が確実に起こるため、日本以外の国も介入して元本割れを阻止することになるでしょう。

また、気軽であることも挙げられます。近くの銀行で購入出来るのはもちろんのこと10,000円から購入が可能であるため、生活費の余りなどを投資することも可能です。さらに毎月発行されているためチャンスが年に12回もあることもメリットとなっています。中途換金も10,000円から可能になっているため、生活のちょっとした出費にも対応できるのです。

信頼性の高い債権

国が発行する借用証書である債権を個人でも購入出来るようにしたのが個人向け国際です。こちらは満期になれば最初に投資した元本が目減りすることなく返ってくるという魅力があります。また、利子の支払いは半年ごとになっているため、定期的に金利分の利益を得ることが可能です。日本の国債は世界的にも人気が高いため、信頼性が高いと言われています。

そんな個人向け国債の魅力としては国が発行しているため、どの債権よりも手堅いということが挙げられます。その上金利が保証されていますし、10,000円という少額から投資をスタートできるということも魅力です。毎月発行しており年12回購入のチャンスがあるため、気軽に資産運用を始めることが出来ます。中途換金を行なって自分へのご褒美に変えるというのも一つの手段です。